2ページ/4ページ

9割以上の人はこれで失敗する!家造りとは…

これから家を造る、直す方必見! 内容を列記してみました 工事に 1000 種とも言われる使用化学物質に対しホルムアルデヒドだけ基準がある現法では、対策の機能は果たせていません。 「新築直後から不登校児になった」など原因不明の子どもらしさを無くす子はシックハウスかも知れません。 家族の身は家族で守るということです。 <対策>「国の基準を満たしています」 の言葉に惑わされて…

家造りの問題点(マンション&家&土地)にメス!

よこはま自然育児の会 会報連載記事 健康問題や退職後経済破綻者続出の訳! ママさん達もそろそろお子さんの成長と共にマイホーム計画を検討する方も多いかと思います。 これからマイホームをという方には、是非真剣にお読みいただきたい・・・ご家族やご自身の人生の為に! 既に新居を決められた方は気分が悪くなったらごめんなさい。今から謝っておきます。 環境問題の取り組みが我が日本も本…

医者の語らないアレルギーや癌などのリスクと対策

よこはま自然育児の会 会報連載記事 吸入毒とは何なの? 前号でお伝えしました「口経毒性」、「経皮毒性」、「吸入毒性」とお伝えしましたが、「経皮毒性」と並び怖いものが、呼吸から入る「吸入毒性」です。 呼吸によって空気と ともに肺に取り込まれて肺胞において毛細血管を通して吸収されて体内に入り、血液によって全身に運ばれるルートや、食物などと空気と一緒に口から入り、消化器管を通…

横浜水道を取材!家庭の水について

よこはま自然育児の会 会報連載コラム参考:ぽとらっく 連載コラム 「いのちの水」給水・給湯・排水管の実態(最も多く飲み浸かるもの) 建物の最も神経を尖らせて頂きたいところに給水、給湯管があります。 生きるために必要な水分。飲み浸かりする水とお湯の配管についてお話しましょう。

シックハウス・アレルギー関連記事

<シックスクール:建築関連記事・2003年7月施行後 F☆☆☆☆使用後も増え続く同事件記事> (記事になるのは公的な建物ばかり。記事にならない一般住宅には紛争や相談が続いています:当団体感想)

より安全な住環境を求めて⑥

雑誌ぽとらっく連載記事 今どきの住宅工事の危険性を探る 最近の「住宅工事」は“キケン”がいっぱい!?これはほんの一部に過ぎない。

より安全な住環境を求めて⑤

雑誌ぽとらっく連載記事 いまどきの省エネ住宅(将来新築・リフォームをされる方に重要)   15年7月施行「シックハウス法改正」を検証する タイムリーなお話として、シックハウス対策のための建築基準法改正をこの 7月1日より施行されることになっています。(原稿作成時点で未来形としました。/15年 5月に作成・後一部編集)