3ページ/4ページ

より安全な住環境を求めて⑤

雑誌ぽとらっく連載記事 いまどきの省エネ住宅(将来新築・リフォームをされる方に重要)   15年7月施行「シックハウス法改正」を検証する タイムリーなお話として、シックハウス対策のための建築基準法改正をこの 7月1日より施行されることになっています。(原稿作成時点で未来形としました。/15年 5月に作成・後一部編集)

日本は世界一環境を破壊する

食の安全に今まで以上に配慮しなければならない時代に入ってきました。 建築業界でも「シックハウス対策法」というザル法が徐々に問題化してくるなど、建材や家具にもより一層消費者が気を使う時代に入ってきました。

携帯電話で脳神経が減っていく!

携帯電話で脳神経が減っていく! NO.167 食品と暮らしの安全 2003年 3月1日発行 携帯電話の電磁波が、脳の神経細胞を少しずつ破壊することが世界で初めて確認されました。 毎日携帯電話を使い続けることで、徐々に脳細胞が減少していく可能性があるのです。

有害電磁波とは

有害電磁波の記事(※以降電磁波とあらわす) 抜粋:朝日新聞 2002年 8月 24日掲載   高圧線近くで、小児白血病 3.8 倍 電磁波とは、高圧線などから出ている電気と磁気の波です。 身体へのさまざまな有害性が世界中で指摘されています。

環境ホルモンとは?

1.化学物質製造量の各情報の違いと不明確な実態 ① 化学物質には、人工的に造られたものと天然のものがありますが、1950年代頃から人工的な化学物質が急に増え、現在、アメリカ化学会のケミカルアブストラクツサービスに登録されている化学物質は、人工と天然あわせて約1900万種類にもなっています。 これらのうち、日本でも約6万種類から7万種類の化学物質が製造・輸入され、販売され…

語りつくせていない“あれこれ” にメス!

1 年間のお約束でスタート 早いもので、1 年間のお約束でスタートしましたこの連載も今回で最終回になりました。 身近な “環境もんだい”にメス!とタイトルをつけることで、子育て環境にはさまざまな“環境もんだい”があることを使えたかったのでこんなタイトルにしたのでが、まだまだ伝えきれていないことだらけといっていいでしょう。

水や水道配管について

飲料水 ~浄水器だけには頼れません~ 有害物質が含まれる水道 私たちが飲んでいる水道の水は、最近、非常にまずいものになってしまった。

いまどきの住宅工事は健康面で安全になった!?

これから住宅工事を検討している方の中でよく聞く言葉として、「いまどきの家はみんな何処も健康対策済みで安全なのでそんなに気にしてない。」というセリフをよく聞きます。 はたして本当にいまどきの新築住宅は安全になったのでしょうか。

間違った健康・生活安全用品

浄水器 水質の汚染や配管の有害物質による危険性はご存知のところでしょう。 その水の安全を守る浄水器はタイプによって性能にバラツキがあります。

使用済み資源・再利用の安全面

糞尿・紙・木材・ペットボトルのリサイクル 糞尿・紙・木材・ペットボトルなどのリサイクルをするときに注意しなければいけないのは、その元がどういう扱いを受けたのか、ということです。